サナギと荒太。

自閉症スぺクトラム障害と診断されたサナギが愛犬・荒太と一緒にどうにかこうにか生きてく話。

= 変化 =

 

 

このブログに書き残している荒太の日記は
もともとただの記録用であり、
あくまでも自分が読み返すためのアルバム代わりとして
あまり気負うことなく書くようにしていました。


ですが最近、自分の中で少しだけ
その趣旨の在り方が変わってきたように思います。

 


のちのち読み返すための成長記録としてだけではなく、
荒太がいまの自分にとってどれだけ愛くるしく、あたたかな存在か。

そして少しずつ日常になりつつある荒太とのこの日々が
今どれだけ生きる支えになっているのかを、
このブログを読んでくださった方々に
ほんの少しでも多く伝えていくことができるように、
まだまだ拙い文章ではありますが
これからも精一杯書き綴っていきたいと思っています。

 


そして、それを続けていくには
いずれ必要になるであろう自分自身のことも。

まだ時間がかかるかとは思いますが、
順を追って少しずつでも書き起していくつもりです。

 

名前の通り青虫の歩幅のようなスローペース更新になるかとは思いますが、
お時間がございましたらお付き合いください。

 

 これからも、どうぞよろしくお願いいたします。