サナギと荒太。

自閉症スぺクトラム障害と診断されたサナギが愛犬・荒太と一緒にどうにかこうにか生きてく話。

= お久しぶりです =

 

 

 

荒太日記【7月3日(月)】

 

 

気付けば一週間以上も御無沙汰してしまいました。


ブログを始めてからまだひと月未満…。

荒太を迎えた当初は「毎日欠かさず更新するぞ!」と
ひっそり意気込んではいたものの、
ここ数日は気分の浮き沈みによる消耗が極端に激しく、
荒太が来てからはだいぶ減っていたはずの
フラッシュバックなどがここにきて再発

危うくブログそのものも放り投げかけてしまいました。

 

いつもなら、その衝動のままに行動して
また決まり事を守れなかった自分自身を許容できずに
色々な意味で後悔することになったと思いますが、
最初に決めた「焦らず・ゆっくり・ひとつずつ」を合言葉に
こうして戻ってくることができました。

特にこれといった理由やきっかけはないのですが、
昨日までの落ち込みが嘘のようにいまは気分が浮上してきているので
この機を逃さぬうちにまた頑張ってみるつもりです。

 

さてさて。


では手始めに、ブログを休んでいた間のちょっとした事件について、
かいつまんで書き記しておこうと思います。

 

 

f:id:arata_to_life:20170703031938j:plain

 

 

 

――――それは、【先月22日】のことでした。

 


朝起きて、まずは眠気覚ましにお手洗いへ行こうと
ほんの数分ほど目を離したその隙に、
なにやらサークルの方から悲鳴にも似たけたたましい鳴き声が。


荒太は私に置いて行かれるのが不満らしく、
ときたま「どうして置いていったの!?」と言わんばかりに
キャンキャンと吠えて訴えたりするのですが。


その日は私が戻ってきてもちっとも鳴き止む気配がなく、
何かあったのかと慌ててサークルをのぞくと
右足を不自然に上げた状態で力なく座り込んでいました。
(※あまりにも驚いたのでさすがに当時の写真は記録していません)

 

内心でテンパりつつもひとまずサークルから出すことにして、
抱き上げたままその背中をひたすら撫でさすってみたり
「どうしたの?」「大丈夫だよ」などの声掛けをしてみたのですが…。


いざ鳴き止んだ荒太をそっと床に降ろしてみると、
いつになく意気消沈した様子で自分から歩こうとはせず、
先導するようにして促してみても、その動きはヨロヨロとしてどこかぎこちない。


もしや、何かの拍子に骨折したのでは…!?とはらはらして、
諸々の確認もしないまま、
先代からのかかりつけである動物病院へ荒太を連れて行ったりもしました。
(到着してすぐ、休診日であることに気付いて泣く泣く引き返しましたが(苦笑))


――――かくして、その翌日。

あらためて病院へ伺った折、獣医さんの薦めで
初めてである“レントゲン検査”を受けることになったのですが…。

この辺りの荒太の詳細は、月末の30日に受けてきた
初の“ワクチン接種”と合わせて近いうちにお話ししようと思います。

 

 

 


そんなこんな(?)で
何かと慌ただしくはありましたが、荒太は元気です!

 

あいだが空き過ぎたせいで、内容にまとまりがなくてすみません…。
まだ要領がつかめず色々と不安定なブログではありますが、
これからもお付き合いいただければ幸いです。

 

 

 

f:id:arata_to_life:20170703032516j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

 

↑ ❀  バナー設置させて頂きました  ❀

 

 

 

 

 

 

 

= 変化 =

 

 

このブログに書き残している荒太の日記は
もともとただの記録用であり、
あくまでも自分が読み返すためのアルバム代わりとして
あまり気負うことなく書くようにしていました。


ですが最近、自分の中で少しだけ
その趣旨の在り方が変わってきたように思います。

 


のちのち読み返すための成長記録としてだけではなく、
荒太がいまの自分にとってどれだけ愛くるしく、あたたかな存在か。

そして少しずつ日常になりつつある荒太とのこの日々が
今どれだけ生きる支えになっているのかを、
このブログを読んでくださった方々に
ほんの少しでも多く伝えていくことができるように、
まだまだ拙い文章ではありますが
これからも精一杯書き綴っていきたいと思っています。

 


そして、それを続けていくには
いずれ必要になるであろう自分自身のことも。

まだ時間がかかるかとは思いますが、
順を追って少しずつでも書き起していくつもりです。

 

名前の通り青虫の歩幅のようなスローペース更新になるかとは思いますが、
お時間がございましたらお付き合いください。

 

 これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

= 一緒にお散歩 =

 

 

荒太日記【6月19日(月)】

 

 

今日はいつもより早めに起床できたので、
日課になりつつあるブラッシングを済ませてから
先日購入したばかりのスリング式ショルダーバックを使い、
ほんの1時間にも満たない短い間ではありましたが
荒太と一緒に初のお散歩することができました。


今朝はあいにくの曇り空でしたが、
青空が見えないぶん涼しい風にあたることができたので
終始とっても気持ちよかったです。

 

 

f:id:arata_to_life:20170619231644j:plain

 

 

最初こそ、バックの隙間からにゅっと顔を出しては
飽きることなくじーっと外の様子に意識を向けていた荒太でしたが、
来た道を折り返す頃にはだいぶ慣れたらしく、
バックに頭からすっぽり入った状態でもずっとお行儀よくしていました。

 

 

そんな荒太も、もうちょっとで生後2か月です。

 

 

今週中には先代犬の頃からお世話になっている獣医さんに
問い合わせて最初のワクチンを接種する予定なので、
荒太が自分の脚でアスファルトや草を踏んだり、
道端に咲くシロツメクサやたんぽぽの花の匂いを嗅げるのは
もう少し先のお楽しみ。

 

 

f:id:arata_to_life:20170619231846j:plain

 

…それにしても、かわいい。頭からがぶりと食べちゃいたい!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

 

 

↑ ❀  バナー設置させて頂きました  ❀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

= 穏やかなひと時 =

 

 

 

荒太日記【6月17日(土)】

 

 

今日は色々と作業をするつもりだったのですが、
ここ数日思うように眠れていなかったので、
3時間ほど仮眠をとってからお気に入りの漫画を引っ張り出してごろごろ。

 

 

f:id:arata_to_life:20170617191446j:plain

 

 

途中から荒太も一緒にごろーん_( _*=ω=)_

首輪を買いに行ったお店でなんとな~く購入した
ウリ坊のウリちゃんも一緒です。

 

 

f:id:arata_to_life:20170617192312j:plain

 

f:id:arata_to_life:20170617192346j:plain

 

f:id:arata_to_life:20170617192401j:plain

 

 

 

 

何もせず考えず、ただのんびりと体を休めることに、
こんなにも罪悪感を覚えずにいられたのはずいぶん久しぶりな気がする…。

 

 

 

 

f:id:arata_to_life:20170617192457j:plain

 

 

荒太がそばにいるだけでこんなにあったかい気持ちになれるなんて、
ほんの数日前までは予想もしていませんでした。

 


出逢いに感謝しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

 

↑ ❀  バナー設置させて頂きました  ❀

 

 

 

 

 

 

= 爪切りとドライブ =

 

 

荒太日記【6月16日(金)】

 

 

 

 

荒太が我が家に来てから、早3日。



ここ数年、朝に目が覚めることをさもしく感じてきたのが嘘のように、
荒太に「おはよう」と言えることが嬉しいと、素直にそう思える自分がいる。


自分にとっては大きなその変化がちょっぴり面映ゆいような、
でも同じだけ後ろめたいような…なんだか変な気分で起床しました。

 

―――さてさて。
今日は朝から、とてもびっくりなことが起きました。


ちょうど昨日の朝ごはんの時から、
躾を兼ねて少しずつ「おすわり」の練習をしていたのですが…

 

 


なんと今朝、3日目にして自力での「おすわり」に成功しました!

 

 

 

f:id:arata_to_life:20170617004629j:plain

 
荒太、キミ…もしかして天才なんじゃ……!?(ゴクリ)

 

 


…なーんて(笑)
早くも親バカの兆しが出てきた今日この頃です。

 

 

 

そして今日は、午後から荒太用の爪切りを買いに
急きょ車でお出かけすることになりました。

 

私は左程…というかまったく気にしていなかったのですが、
荒太を抱っこした時に立派なミミズ腫れが出来たらしいトトさんの(※父です)


「今のうちからちゃんと爪を切って手入れしてやらねぇと駄目だべ!」


…というもっともな助言に倣い、あっさり購入が決定しました。

私自身、もう数年単位で爪切りを使っていなかったということもあり、
そのへんはまったくの盲点でした…。爪切り、大事です。

 

 

そんなこんな(?)で昼食後、
荒太にはケージ代わりの段ボールに入ってもらい、
助手席にシートベルトで固定してからいざ最寄りのペットショップへ…!


とはいえ、最初は自力で探すもののなかなか見つからず、
親切な店員さんの力をお借りして、ようやっとお目当ての爪切りを入手。


そして、混合ワクチンの接種がまだ済んでいないため
散歩ができない荒太を少しでも外の空気に慣れさせたくて、
ペット用のスリング式ショルダーバックも購入しました。

 

普段から色々とやらかす私にしては珍しく、
今日はこれといったミスもせずに無事お買い物を終えることができたのですが…

 

 

―――その帰り道、ちょっとしたハプニングが。

 

 

 

 

f:id:arata_to_life:20170617005635j:plain

……ん?

 

 

 

 

f:id:arata_to_life:20170617005725j:plain

ええええええッ ゚ ゚∑( Д ノ)ノ彡!?

 

 

まさかの、運転中に段ボールの天井を強行突破…!
(※一連の写真はきちんと自宅に到着してから撮影しました※)

 

 

運転中に出てこられないようしっかりと蓋を折りこんでおいたのですが、
クーラーの効かない密閉された段ボールの中は相当に暑かったらしく
我慢しきれずに僅かな隙間から脱出を図った模様…。

 

f:id:arata_to_life:20170617010241j:plain

 

ちょっとヒヤヒヤさせられましたが、
荒太初のにこにこスマイルを激写できたので良しとします(笑)

 

 

f:id:arata_to_life:20170617010331j:plain

 

 

んんんん~~………可愛いっ(*´∀`*)♡

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

 

↑ ❀  バナー設置させて頂きました  ❀

 

 

 

 

= つれづれなる日々 =

 

 

 

荒太日記【6月14日(水)~6月15日(木)】

 

 

 

 

無事、荒太との生活が始まりました。

 

 

  f:id:arata_to_life:20170616010311j:plain

 

 

この2日間、荒太と生活してみて分かったこと。

 

 

「――――“子育て”って、大変だ…!!」

 

 

子犬とはいえ、生後2ヶ月にも満たない赤ちゃんが
自分のパーソナルスペースにいるという生活は、
予想してたよりもずっとずっとめまぐるしいものでした。

 

ちょっと使い方がずれてるかもしれませんが、
自分が子供を育てるようになってからこそ親の苦労が分かるというのは
本当だったんだな…と、いま改めて再認識しています。

 

他にも、色々と書き記しておきたいエピソードが沢山あって
少々焦りもありますが、あくまで無理は禁物。

 

焦らず、ゆっくり、ひとつずつ……を目標に、
ブログの更新も頑張りたいと思います。

 

 

f:id:arata_to_life:20170616012448j:plain

 

 

 

これからよろしくね、荒太。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

 

↑ ❀バナー設置させて頂きました❀

 

 

 

 

 

= ご挨拶 =

 

 

 

 

f:id:arata_to_life:20170614013152p:plain

 

 

このブログを書き始めるにあたり、読んでくださる方へ向けて
まずはきちんと自己紹介を…!と思っていたのですが、
如何せん私にとって「自己紹介」というのは極端に苦手分野なもので、
今回は割愛させてください。



この「サナギと荒太。」では、
今日から始まる荒太との暮らしや、私自身の障害のこと。

そして荒太を我が家に迎えたいとそう思ったきっかけや
このブログを始めることにした自分なりの理由…
あとは諸々のリハビリなんかも兼ねて、
日々何かしらの形で投稿することを目標に
焦らないようゆっくりとですが綴っていけたらと思います。




荒太の写真を目に留めてくださった方。

自分も「自閉症スペクトラム障害(ASD)」だと診断された方。

偶然うっかり辿り着いてしまった方。


ブログ初心者ゆえ色々と至らぬ点ばかりかとは思いますが、

どうぞよろしくお願いいたします。